お店からのお知らせ

ホーム

メインメニュー

└なぜ適切なさく乳口を選ぶことが 大切なのでしょうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ適切なさく乳口を選ぶことが大切なのでしょうか

乳房の構造を理解しましょう

 

乳房には様々な大きさと形があり、授乳期間中に変化していくこともあります。 乳房の大きさと乳首の大きさは必ず一致するわけではありません。 乳首の大きさもそれぞれ異なります。

 

さく乳口には様々なサイズがあり、さく乳時の快適性と効率性において重要な役割を果たします。 これにより、さく乳一回ごとの母乳量を増やすことができます。さく乳口のフランジ部分は、乳房の形に沿うようにし、乳房を圧迫しないようにします。乳首のサイズに合わせてさく乳口を選択するようにしましょう。

 

さく乳時、乳房ではこんなことが起きています

射乳反射時、乳管は 68% 大きくなります。これは乳首に向かうすべての母乳の流れをスムーズに行うためです。

 

乳首の直径は一時的に 2〜3 mm大きくなります。そのため、さく乳口のトンネルは乳首のサイズよりもやや大きめである必要があります。

 

乳管は肌の表面近くにあります。 さく乳口を乳房に押し付け過ぎたり、トンネルが小さすぎるものを使用すると、母乳の流れを妨げる可能性があります。

 

「快適さ」もさく乳に影響します

ストレスや不快感は、母乳を出すのに不可欠なホルモンであるオキシトシンの分泌を妨げる可能性があります。効率的なさく乳に関するヒントをご参照ください。

 

正しくフィットするさく乳口を使用することは、お母さまがさく乳中にリラックスして心地よく感じるために大切なことであり、母乳の流れを促します。

 

さく乳は痛みを伴うものではありません。 さく乳フェーズでは、短時間でより多くの母乳をさく乳するためにも、快適と感じる範囲で一番強い圧に調節することが大切です

 

トンネルの真ん中に乳首がくるように合わせ、さく乳中に乳首が自由に動くようにしましょう。 動きが制限されるようであれば、別のサイズのさく乳口を選んでください。

 

クローズドシステムとも呼ばれるオーバーフロー防止機能のあるさく乳器を選択することで、快適な体勢をとることができます。

 

メデラのさく乳口のサイズの選び方

>さく乳口のサイズを確認しましょう

 

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
202112
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
20221
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 今日    定休日    イベント